貯金するのは無駄!?

投資豆知識

どうも!黒鴉です。

今回は今の私の資産運用に対する向き合い方を記事にさせていただきます。

【資産運用の目的】

当ブログを読んでくださっている皆さま資産運用について興味を持っている方だと思いますが皆さまは何のために資産運用をしようとしていますか?

今の私は正直、将来の自分の生活の不安を少しでも無くしたいと思い資産運用をしています。

私の考えに共感してくださる方がいらっしゃればお金をたくさん貯めるというのを目的にしてしまってはいけないです。

将来の自分の生活が不安な方はお金がたくさん貯まってもそれだけでは不安は消えないからです。

では何を目的に資産運用をすればいいかというとお金が自分のところに流れてくる仕組みを作ることを目的にすれば不安は解消されると思います。

【大事なのはキャッシュフローと利回り】

キャッシュフローとは

現金の流れを意味し、主に、企業活動や財務活動によって実際に得られた収入から、外部への支出を差し引いて手元に残る資金の流れのことをいう。 

とされています。

お金を「水」に置き換えた場合に川の上流から自分のいるところに水が流れてきてそこから下流へ流れていくときにどれだけ自分のところで水を貯められるかということです。

しかし、大事なことは資産を増やすために収入を増やし支出を減らすのではなく、収入を増やすために資産を増やすのです。

資産が増えるとその資産がお金を運んできてくれるからです。現在の日本の銀行の普通預金金利が0.001%で年間の生活費が300万円ほどだとすると3,000億円あれば預金金利だけで生活していくこともできます。

普通預金をすることは、その他の投資をするよりも資産に付加価値を付けてくれないものですがそれでも3,000億円あれば生活していくだけの資産を運んできて来てくれます。

3,000億円は現実的ではないと思いますが資産が増えればその資産が皆さまのところにお金を運んできてくれるということを意識すると資産運用をしていくときに間違った方向へは行かないと思います。

何よりも大事なことはどれだけのお金を運んできてくれるかを表す「利回り」です。株式の値上がり益というのは売ってしまえば確定した利益になりますがそれまではいつ下がるかわかりません。まさにチキンレースです。

成長著しい企業の株式はほとんど株主へ配当を支払わず企業が利益を事業へ再投資してしまいます。それでも株価が値上がりするのはその企業がより多くの利益を生み出しその株価に見合うだけの配当を将来支払うであろうことを期待しているからです。長期で資産運用をしていく場合に大事なことは短期的な資産の評価額ではなく自分が投資した金額に見合うだけの利回りを確保できているかそしてその利回りを長期間確保できるかどうかということを判断していくべきだと思います。

株式投資の基本として「安いときに買って、高いときに売る」というものがありますがこれはなにも売買益だけのことを言っているのではなく価格が下がっているということは配当が変わっていないのであれば利回りが上がっていて投資対象として魅力があり、高くなれば利回りが下がっているので魅力がないとも置き換えれると思います。

【まとめ】

資産運用をはじめると、資産が増えていくのを実感できるので早く資産を増やしてお金持ちになりたいという欲が必ず出てしまうと思います。しかし、そこで投資対象の値上がり益ばかり求めるチキンレースに参加してしまうことは資産運用の失敗例として数多くの方が経験されています。

私もチキンレースに参加して成功したことも失敗したこともありましたが大きな失敗をせず今まで資産運用を続けてこれています。皆さまには私と同じ失敗をせずに資産運用を続けていってほしいと思いますので当ブログで気になる記事があれば参考にしてみてください。

今回は以上です。ありがとうございました。

from 黒鴉

コメント