人類最大の発明「複利」で超絶にリターンをあげる

アインシュタインが認めた複利の力投資豆知識

複利という言葉聞いたことありますよね。

でもみんな複利を甘く見てるんですよね。

私が株式投資しようと決めたのは複利の効果を最大限に発揮できることがわかったからでした。

今回の記事で複利がどれほど偉大なものかを知って株式投資に自信を持ってもらえるんで最後まで読んでくださいね。

複利って何

複利

【複利法によって計算された利子のこと。】

複利法

【元金(がんきん)によって生じた利子を次期の元金に組み入れる方式のこと。これによると、元金だけでなく利子にも次期の利子がつき、各期の利子が次第に増加していくことになる。】

株式投資ではこの複利の力が最大限に発揮されるんです。

世界でも有名なアインシュタイン博士も

「宇宙で最も偉大な力」

と言っていて

伝説の投資家バフェットも自身の自伝のタイトルを「スノーボール」にするほど複利の効果を絶賛しています。
※株式投資は利益を再投資することで資金が雪だるま式に増えていくことからスノーボールと言っている。

複利の偉大さ

複利と単利

単利っていうのは元々のお金をずっと変えずに利息の分を毎年取っていくことですね。

貯めた100万円を元に配当が5%の会社に投資して単利で運用するとこんな感じになります。

100万円を元手に配当5%の企業に30年間単利で運用したときのグラフ

複利と単利を比べてみよう

貯めた100万円を元に配当が5%の会社に投資して複利で運用するとどんな違いが出るか見てください。

100万円を元手に配当5%の企業に30年間複利で運用したときのグラフ

こんなに差が出るんですよね。

複利を使ってリターンを超絶上げる方法

複利の効果を株式投資で最大限に発揮する方法があります。

それは配当でもらったお金をそのままその会社に再び投資(再投資)することです。

この再投資で元のお金に配当分のお金が足されて元々配当でもらったお金にまた配当を受けることができるんです。

この方法を知らずにもらった配当をご褒美として使ってしまうといつまで経っても単利でしか配当をもらえないんですよね。

投資する期間が長くなればなるほど複利効果は大きくなっていくんで元々のお金が少なくても少しずつ配当を再投資することでびっくりするくらいの成果が出るんですよ。

株式投資のもう一つの複利効果

株式投資していると配当を再投資しなくてももう一つ複利効果が生まれてるんです。

それは会社が勝手に利益を再投資してくれているんです。

成長途中の会社に多いんですけど、会社が事業で得た利益のほとんどを株主に還元せずに事業に再投資してるんです。

商品を作るために設備を増やしたり、広告費に使ってより多くの人に知ってもらったりして事業を大きくすることに投資をしてるんですよ。

事業が大きくなったらより多くの利益が得られて株主への配当を多く払えるようになるんで会社が勝手に利益の再投資で複利効果を生んでくれてるんです。

まとめ

複利の効果は株式投資とすごく相性のいいものなんですよね。

会社は利益を事業に再投資することで複利で利益を多くして、投資してる株主はもらった配当を再投資することで複利で配当を多くするんでただお金を持っておくときに比べてとんでもないスピードでお金が増えていくんですよ。

複利効果を最大限に利用するためには長期間投資し続けれる会社を見つけることも大事ですね。

今回も最後まで読んでくれてありがとうございます。

株式投資に少しでも興味が出てきた人はこちらの記事も読んでください。

コメント